私の夢

この間のコーチングの話の続き

自分の価値観を考える - いんとろばーとの頭の中

 自分の価値観と地続きの自分の将来の話。

夢はなんですか

コーチに聞かれて、私ははっきりと「自分の家族を持つこと」と答えた。答えたら、泣きそうになった。それを夢にしてはいけないとずっと思ってきてたから。叶うはずない、と思っていた。それに、夢っていうのは、仕事とかオフィシャルなものであるべきと思っていたから。でも、やっぱり私の心の中では、高校のころから夢見ていた留学することよりも、ずっと高いところに、家族を持つという夢があるな、と確信したので、コーチに言った。コーチは笑ったりしなかった。

自分の欲しいものを取るのにはチャレンジが必要だね。そして、その夢が叶うって信じることがとても大切。そうじゃなかったらチャレンジも上手く出来ないでしょ。今その夢は近くにある?必ず実現できると思える?もし出来ないなら、その夢をぎゅっと自分の方に引きつけて、想像してみて。どんな家族?どんな暮らし?そのイメージを持つことができれば、どんなチャレンジがいるかなにをしたらいいかわかってくるよ。

とゆっくり話をしてくれた。

自分の夢を引き寄せてみる

私は自分の言った夢が実現すると全然信じられなかった。遠くて高いところにあって、もやもやしていたけれど、コーチの言うように、自分の方に少しずつ近づけてみた。しつこくやっていると、客観的に見ていた何処かの家に、私はぽんと入って、子どもに触ってた。パートナーはその映像の中にはいなかったけれど、コーチに触れるくらい近づいて、顔はわからなくていいから。と言うので、とにかく引き寄せて、腕に触ってみた。

それをやってみたら、身体の奥の方ががほわ〜っとあったかくなって、私はこれが本当に欲しいんだな、と思った。私は自分の頭が考えることより、からだの感覚を信じているので、本当のことなんだろうと思った。

次はチャレンジだわね☆と思うが何をチャレンジするといいのかな…。いいと思ったものをスクラップしてくといいって聞いたことあるから、まずはそれからやってみようかな。

おしまい