読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を好きな人が気持ち悪い

たとえば、「ブログの文章、すごく好きです!応援してます!」とか言われたとき。(そんなこと言われてないけど。たとえばよ、たとえば)私の一番最初の反応はうわあ~、き、きもちわるい~、なんだよ。

でその一瞬の後に、こんなこと書いてもらって、全然知らない人にメッセージくれるくらい好きになってもらえるなんて嬉しいな、ブロガー冥利に尽きるなと思うんだ。

なんでこういう時、まず気持ち悪いっていう反応が出るんだ、私最悪!人でなし!って思ってた。よくわかってなかったけど、これって、自分のことを気持ち悪いって思ってるってことっぽい。こんな気持ち悪い私を好きになる他人気持ち悪い。

だから、まえは彼氏のことも気持ち悪かったんだよね。爆) 昔の彼氏、ごめん。2人でいるときはとても好きなんだけど、2人で誰かの前に出るときとかはずっと恥ずかしかった。私が恥ずかしかったのはその彼氏じゃなくて、私自身だったってこと。やっぱりその状態じゃうまくいかんわけ。

今は平気なんだけど、なんでかと思ったら、私も私でいいやって開き直っているし、彼は私といることをこれっぽっちも恥ずかしがっていないから。前は私自身のことが恥ずべきものだったし、相手も相手で、私のこと少し恥ずかしかったんじゃないかと思う。私も相手が恥ずかしかったし。その状態の鏡みたいな人を選んでたってことだよな。今になって、そうだよな、なるほどな、と思う。

そういった理由から、相手からべたべたくっついてこられるのも苦手。そういう人とはかなり初期の段階から距離を置くから、周りにはあまりいないのだけど。だから、私は誘う人なのかもしれないな。

おしまい