トマトと柚子胡椒

私の同僚に中央アジア出身の人がいる。その人とたまに持ち寄りのごはん会なんかをすると、見たことのない食べ物を作ってきてくれて、それが美味しい。聞くと、故郷では、大概の食べ物にトマトが入っていて、なんでもトマト味なんだそうだ。トマトの入ったミートソースをかけて食べるうどんのような料理がすごく一般的だそうで、聞くたび食べてみたいと思う。彼女にとってのトマトは日本で言うところの醤油みたいな故郷の味なんだそうだ。で、変わった調味料ってあるの?と聞いたら、いや、料理に使う調味料は塩だけですと言っていた。

わたしの高校まで育った場所では、今やかなり普及して、なんの珍しさもないが、ゆずごしょうが手に入るところだった。当時はチューブ入りとかなかったので、うやうやしく瓶からほんの少しずつ取り出して使っていた。うちの家では、それをほんのちょっぴり味噌汁に入れるのが流行っている時期があったが、他には鍋物にちょっと入れるくらいで手に入るからと言って登場回数は多くはなかった。ちなみに、味噌汁に柚子胡椒はなかなか美味しいので、おためしあれ。

今週のお題「調味料」