勝手に新人が伸びる3つのポイント

後輩が目に見えて育ってきた。特に最近目覚しい成長だ。なんだなんだ、実に素晴らしい。私のおかげです、と言いたいところだけど、今年の新人に関して言うと、全くもって世話をしてない。ほぼ放置プレイで、どちらかというと助けてもらってばっかりである。勤務記録直してもらったり、忘れ物届けてもらったり…。笑

今日は新入社員を育てる(勝手に育つ)ポイントを3点。自分が簡単楽ちんになる方法を追求した結果こうなった。

1.できない先輩になる
初めて後輩を持った時、私はとても焦った。私は確か5年目で、周りの信用も徐々を獲はじめ、課の雑務の大半のことをやっていた。目が回る忙しさだったが、楽しかった。人の役に立っている!そういう気持ちだった。そして、私は当然のように新人教育を任されたのだった。
私は張り切った。"私のような"若手に育てなきゃ!!と同時に、私は怖がっていた。追い抜かれたらどうしよう。私のことはいらないって言われたらどうしよう。そんな私のとった新人教育手法は、私の方がなんでもできる、私にできることができないのはなんでなの?なんでできないの?戦法であった。当然、その後輩とは全く話がかみ合わず、全く育たなかった。後輩は殻にこもり、自主性を発揮せず、いつも失敗ばかりしていた。当然だ、私がそう仕向けていたのだから。(まあ、とはいえ人間対人間のこと、私だけと責任じゃないと今は開き直ったけど)
で、そんな失敗もあり、私は今度の新人にはほとんどと言っていいほど手をかけなかった。後輩やアルバイトの層が厚くなってきたこともあって、直接教えることもほとんどせずに済んだ。他の先輩に習えることは、その先輩に直接聞きに行ってもらい、私はたまに声をかけて、仕事の調子と量の調整をするのみ。
しかも、いろいろと私のフォローをしてもらう。あのデータどこやったっけ?とか、あの資料のここって、お客さんどうしろって言ってたっけ?とか、私が本気で忘れるものだから、新人さんも覚えていることはきちんと説明してくれた。ちょー楽ちん。

2.自分の仕事を全部後輩に振る(自分のできることは自分ではやらない)
自分の手持ちの作業類は全部残らず後輩に振りまくった。自分の頭の中にあることを、後輩に聞いてもらうって感じ。その時に重要なのが、自分の今の気持ちも伝えること。私は仕事を抱えると、とにかく頭がいっぱいで不安でたまらなくなる。それも残らず彼らに伝える。いやー、もう、仕事いっぱいになっちゃって、私も不安でいっぱい!私の不安解消にちょっと話聞いてくれる??みたいな感じで。
もう一つ重要なのが、その仕事の行き先、意義、大切さ、それによって得られるスキルを簡潔に伝えること。そして、最後には、どれをやるか、自分で選んでもらう。できるだけ今までチャレンジしたことのないことを勧めてみる。そこまで説明を受けると、たいがいの後輩はチャレンジする方向に進む。まあ、これを強制というのかもしれないけどね。
そしたら、自分の手と頭がスッキリ空っぽになる。残業はほとんどしなくてよくなって楽だし、出張しても仕事は進む。何より、精神的にものすごく楽になる。

3.先輩(私)が部署を去る
これは結果的にだけど、私が7月から他部署に異動になったものだから、私がやっている仕事が全部後輩に行くということで、必死感が増している。これは間違いない。新人自身というよりも、課長から"君にかかっている!"みたいなことをみんなの前で言われて、やらざるを得ない状況に追い込まれている。
誰もができることじゃないが、ある程度基礎を教えたら、上のいない状況に追い込むと、やらざるを得なくなって爆発的に伸びる。周りもそれを期待するし、フォローもする。そもそも最初からそういうつもりで育てればいいって話なんだけど、うちの会社はそこが甘くて、新人が育たない。本当は一通りの事は一年あれば自分でできるようになるんだよなあ…。

さて、この3つの方法
  1. できない先輩になる
  2. 自分の仕事を全部後輩に振る(自分のできることは自分ではやらない)
  3. 先輩(私)が部署を去る
まあ、3はなかなか一般的にできる方法じゃないとしても、1と2はできる。でも、デメリットもあって、自分の存在意義がなくなるんだよね、本当に。笑 自分自身の残業は減るし、がむしゃらに頑張る、みたいなことができなくなる。今まで、とにかく頑張る、に逃げていたところが逃げられなくなり、自分のできることを新しく自分の力で広げて行くことが仕事になっていく。後輩に残業させて自分はさっさと帰るっていうのも、すごく罪悪感あるし、自分の仕事を全部振るのも、本当にいいのかな、全部振っても…と思ってしまう。自分がダメダメになるのも、今までの自分の評価を下げてしまうんでないかという不安が常にある。

で、それを続けた結果、どうなったかというと、後輩はのびのびと育ち、私は別に評価が下がるでもなく、むしろ必要としてもらえているし、有給取っても何にも言われず、早く帰っても後輩にも後輩にも怒られることはないし、仕事はサクサク綺麗に進むし、なんだかわかんないけど普通に楽な日々。まあ、罪悪感はあるけど…。
後輩や先輩やアルバイトさんに恵まれてるっていうのは本当にそう思うし、私の力じゃないのその通り。本当に恵まれてる。「自分のできることはもうしない。」と決めてそれを実行してきた。それも実は結構辛いというか罪悪感たっぷりになる。でも、仕事は自分でやるより予定通り進む。周りの人に素直に感謝できるようになって、素直に伝えられるようになった。自分が自分が!すごいでしょすごいでしょ!みたいな気持ちが、前よりは薄らいだ気がする。まあ、それは全然消えないけどね。

おしまい