古着deワクチン、オススメ!

古着deワクチン|不要衣類・バッグの回収で社会貢献

使ってみたよ。印象としては、古着処分の方法として、気分良い方法だなぁと。断捨離で服の処分どうしよ…と思ったら、是非思い出して欲しい。

服というのは捨てにくい。着なくなっても、「まだ着れる」から。擦り切れたりしたわけじゃないからね。でも、いらない、捨てなきゃというのはやっぱり勿体無いし、罪悪感がある。で、リサイクルショップかなあ、と思うわけだけど、服って量あると重いし、車ない人には持ってくの大変。それに、商品価値あるかとか、仕分けも大変。結局面倒になって、袋に詰めて古着の日に捨てたり、燃えるゴミで捨てたりしてた。一度そうやってがっつり捨てて、好きなものだけにしたつもりだったけど、数年たってくると痛んだり、いらなくなるものも増えたりして、重い腰を上げて、さ、捨てるぞ〜と思ったものの、特にコートとか、捨てるのもったいない。なんかいい手はないかな〜と探していて、これは楽そうと思ったのが上記のサービスだった。

以下申し込み流れ
  • ネットで申し込み。箱つきで、大2000円、小1000円、+税、配送料
  • 箱と伝票が配送される
  • いらない服、小物、バックを箱に詰める
  • 伝票貼って佐川急便に集荷してもらう
これでおしまい。下着以外ならなんでも詰めていいらしい。これでワクチンが寄付されて、古着は輸出されて販売されるとのこと。選り分け、販売は現地の雇用を生むとのこと。以下良かった点。

・箱にはかなりの量が入る
今回、大を頼んだけど、入れても入れてもいっぱいにならない…。枚数は面倒で数えてないけど、かなりの量入る。
・家から出なくていい
ダンボールも配達してもらえるし、集荷に来てくれるので、家から一歩も出なくていい。すごく楽。ダンボール探しに行ったり、買いに行ったりしなくていいし、集荷の費用も込みなのでネットでお金払っちゃえばその後は心配なし。
・罪悪感が減る
ワクチン寄付、雇用を生む、安価な衣類の提供がついているので、服を捨てる罪悪感が一気に軽減される。この服、すぐ売れるかな〜とか考えるとちょっと楽しい。

というわけで、面倒くさがりで、服を捨てるのに罪悪感がある人にはオススメ!でも、大だと総額2700円くらいかかっちゃうのがネックかな。私は溜まってたリクルートポイントを使った。

ちなみに、申し込んだ後の2000ポイントプレゼント!っていう広告に釣られて、生協とか何個か資料請求したら、次の日に生協の人が直接訪ねてきて、熱心に勧誘するもんで、思わず加入。生協組合員になっちゃった。今度初めて注文するので、その感想も書いてみよっかな。

おしまい