私の怖いもの

映画じゃないのだが、最近オット氏に付き合ってNetflixのBlack Mirror というドラマを見ている。日本で言ったら何かな、世にも奇妙な物語、のような感じで、ちょっとおかしな設定でおかしなことが起こる、一話完結のオムニバスドラマだ。

昨日は金に困った男が最新型のホラーゲームのテスターをする、という話だったのだけど、これがなかなかズシンとくる重くて色々考えてしまう話だった。そのゲームは自分の脳の中から自分が一番怖いと思っているものがつぎつぎにリアルな世界に現れて、怖がらせるというもので、クモからはじまり、同級生、女などなど、「男の怖いと感じるもの」が出てくる。でも、主人公が本当に怖かったのは、そんな物質的なものではなくて、自分が父のようになってしまうこと、母と向き合うこと、そしてその母が父のようになってしまうことだったのだけど、そのことがキーになってびっくりするようなラストにつながっていく。絵面も怖いしストーリーも怖いし、びっくりするし、でも、とても良くできた話だったので、そういうのが大丈夫な人は、ぜひ。確か2話だったはず。

 

怖いものは人は人によって違うけれど、どんな怖さも自分のコンプレックスに直結している。私にも怖いものがいくつかあるのだけど、それを丁寧に掘りすすめていくと「ひとりぼっち」への怖さにたどり着く。だから、私がそのゲームの被験者になったら、最後はあらゆる方法でひとりぼっちになって、宇宙に放り出されたりすると思う。今書きながらそんなことを想像して、すぅーーっと怖くなった。

 

おしまい

 

 

お題「最近見た映画」