読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際結婚した女が英語学習について語るぜ

www.catlani.com

読んだ。イラスト可愛くて、うんうん頷きつつ、ほこほこしながら読んでて、ちょっと思い出したことがあった。プラスして、私の英語の勉強法について、メモも。私は一度も長期留学をしたことがないが、仕事をしながら国内で英語を学び、現在は海外担当の部署でコンサルとして働いてるレベル。

ネイティブ英語を話すアメリカ人と付き合ったら英語力は伸びるの?

私は長期の留学をしたことがないのだけど、一応、オット氏との英語だけのコミュニケーションが取れて、英語を使った仕事のミッションをぎりぎりやり遂げられるくらいの最低限の英語を使うことができる…たぶん。アメリカ人オット氏と結婚して、会社のつながりの浅めの人に良く言われることに「このごろ英語がすごく上達したのはそれが理由かあ」とか「英語の発音がいいのは彼氏がいたからなのね」とか、「海外系に配置替えしたのはそれが理由か」である。これが正直私はカチンとくる。なんだか、さも努力なしで自然に英語を身に着けたようではないか。

もちろん、オット氏と付き合い始めてから、英語は上達していると思う。オット氏が言うには上達し続けているらしい(めっちゃポジティブ)。でも、それは別に、オット氏がアメリカ人だっただからではない。正確に言うならオット氏と付き合い始めてから”も”上達している。そもそも、オット氏は日本語も大体普通に会話が成立するくらい日本語ができるため、私も意識して話さなければ英語を使わなくても日々のやり取りは問題ない。そういう状態だったので、オット氏がそばにいたから勝手に英語力がアップしたわけではないのだ。私の場合は、彼に巡り合う3年位前から、普通に地味にこつこつ勉強をして身に着けた。その努力なしで、そもそもオット氏とは巡り合えなかったと思うし、結婚に至るまで関係を深められなかったと思う。

英語を身に着けるのは時間がかかる。私の場合、勉強を始めたのは社会人になって3年目くらいで、仕事も最高に忙しく、ほとんど時間をとることができなかったから、特に亀の歩みのように、ゆったりとしたものだった。私の英語学習の道のりをたどってみよう。

ひとまず、英会話スクールに通ってみた

まず、私は英会話スクールに通い始めた。とりあえず、お金をかければ勉強するようになるだろう、と思った。毎週土曜日に早起きして、朝いちのクラスを取り、せっせとスクールに通った。最初に話せたのは単語のみ。その後2語文、3語文と文章が作れるようになり…ってこれ、赤ちゃんの言語習得の順序じゃん、これ。でも、大人なので、子供ほどスピードが速いわけではない。2年通って、最終的に、先生と意思の疎通ができるくらいまでには英語に慣れた。でも、それも1時間のクラスの中で使われる会話のみである。たまに行われていたスクール主催のイベントで、先生と普通の雑談をしようとすると、全然会話を続けることができない。言いたいことがあっても、どんな文章を使えばいいのかわからない。当時の私にとって、英語はただの記号であって、そこに感情をこめたりすることは全くできなかった。とても良いスクールだったけれど、余りにもそのスクールに慣れてしまって、ここで同じことを続けていても、これ以上能力は伸びないなと判断し、私はそのスクールをやめることにした。

ネットで英語話者の友達を作ってみた

スクールをやめた私は、もっとカジュアルな生きた英語()を身に着けたい、と英語の話せる友達を作ることにした。しかしながら、私はハードコアな内向的型で、友達を作るというのは容易ではない。しかも、英語で口頭で直接会って、というのはかなりハードルが高い。なので私は、ネットでテキストでのコミュニケーションを取るという方法を選んだ。使ったサイトは以下。ちなみにオット氏とはこの一つ目のサイトで出会った。

FriendsInJapan | Meet New Friends from Japan!

InterPals Penpals

ここで私は、いろんな人と出会って、テキストメッセージで話をした。テキストメッセージなら、辞書を引く時間もあるし、返信が多少遅くなってもいいので、とても気が楽だった。私はここで、よく使う言い回しなんか学ぶことができた。とにかくいろんな国の人と出会って話をすることができたのが毎日刺激的で楽しく英語を使うことができた。ツールとして英語を「使う」という感覚がつかめたように思う。もちろん、いい人ばかりと出会えるわけでなく、変な人もいっぱいいるし、テキストでのコミュニケーションは行き違いも多かったりして、嫌な思いをすることもあるかも。それも自己責任でどうぞ。

英語上達完全マップに手を付けてみる(道半ば)

その英語話者の友達を作ることをしながら、地味なトレーニングも続けた。「英語上達完全マップ」を参考に基本の本を2冊買った。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

 

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

 これは、どのトレーニングよりも、この二つの本を徹底的にやりこむことが、一番自分の英語力押し上げたと思う。お風呂に入りながら瞬間英作文をやって、そのあと2時間くらい時間を取って、音読パッケージをやった。半年くらい同じ本をやったかなー。素振りみたいなもんなんで、つまんないんだけど、発話の反応の速度が上がるし、リスニングの力もぐっと上がった。ちなみにこの2冊とプラスアルファくらいやって、今も英語上達完全マップは道半ば。

発音も一通りやってみる

発音については以下の本でトレーニングした。

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

 一通りこの本を読んで、練習して、瞬間英作文と音読パッケージも時間がかかってもできるだけ正しい発音でやるように努力した。これは結構大変で、日本語にはない口と下の動きになるので、最初はなんか口の周りがべろべろになった。あ、そういえば、発音のトレーニングはスカイプ英会話も同時に使ったな。

オンライン英会話のラングリッチ Skypeで学べる英会話

ここは発音専用の教材があって、とりあえず発音のところだけ一通りレッスン受けた。毎朝6時とかから、レッスンしてたんだけど、発音はとにかく大きい声を出さないとなので、頭もすっきりして結構いい気分で一日をスタートできて、やってよかったな。先生は結構厳しくて、できないと何度もやり直し食らうんで、なんかうれしい(マゾなの?)。私は今でも「g」と「y」の発音が苦手。

スカイプ英会話を続けてみる

音読パッケージ、瞬間英作文、発音と割と一人で黙々やるトレーニングを続けていたら、無性に人と話すトレーニングをしたくなり、発音のトレーニングが終わった後もスカイプ英会話を続けることにした。当時のラングリッチはとにかく先生がとりにくくて、その割にやや高いので、レアジョブに乗り換え。

オンライン英会話No.1 レアジョブ英会話

毎日、朝の時間を使って、ニュース(日々教材として更新されるもの)を読んで、質問に答えて、そのトピックについて意見を言う、というトレーニングを25分。1年半くらいほぼ毎日続けたかなあ…。ボキャブラリーも増えるし、自分の意見をまとめて英語にするというトレーニングはなかなかよかった。ただ、事前に「間違いがあったら、会話を遮ってでも正しい英文にしてください」と頼んでいても、先生によっては間違った英語を使った場合でもあまり直してくれなかったりして、なんとなくブロークンになってしまう感じもあったんで、その辺限界も感じたりして。部署を移ったあたりから、長期出張が増えなかなか朝の時間が取れなくなって、現在休会中。

仕事・家で実践してみた

去年は英語の勉強を基本的に一切やめてみた。仕事でも毎日英語を見聞きするようになったし、オット氏と一緒に住み始めたりして、英語を実践的に使う機会が増えたので、まずは目の前のことを精一杯やってみることにした。というととても聞こえがいいけれど、ずっと続けてきた英語の勉強に疲れたというのもあったので、ここらで試しに一遍止めてみようかと。やめてみて、もちろん足りないところばかりだし、うまくなりたい!失敗した恥ずかしい!全然できない!という気持ちもいっぱいある。でも、「何とかもなった」という経験も同じくらい積めた。

勉強法も大切だけどモチベーションの維持のほうがもっと大切

私は英語ペラペラでもないし、自慢できるほどTOEICの点数が取れるわけでもないので、こうすれば英語力が確実に上がる最短の方法!なんてえらそうなことは言えない。ただ言えるのは、英語の上達には時間がかかる。だからこそ、勉強を続けていくにはモチベーションを維持がとても重要で、英語の勉強法そのもので英語が上達するというよりはモチベーション維持のほうが重要であるかもしれない。特に基礎トレーニング部分は時間がかかるし、反復は退屈である。そこを乗り切れるだけのモチベーションをどう維持するかが大きな課題になると思う。私がその基礎トレーニングをしていた時はまだオット氏が私にとっての重要人物になる前だったのだが、当時の私にとって、英語は「どうしても忘れられない仇」みたいなもので、できないまま死んでいくのは嫌だな、というのが主なモチベーションだった。その仇が少しずつ私のツールとなって私自身を支え、働いてくれるようになってから、少しずつ語学習得が楽しい、と思うことも増えた。

語学習得には環境はどうあれ一定の学習量が必要である

英語の勉強をしてみて、言語習得にはそれ相応の努力と時間がかかること、どんな人でもある程度のトレーニングを積んで使えるようになったのだなあ、と思えるようになった。まあ、それは至極当然のことなのだけど、私も勉強を始める前は「私が英語ができないのは留学できなかったからだ」と安易に考えて、それさえやれば、私だってできるようになったのに、あの時留学しておけば…と悔やんでいた。でも、生まれた時から2か国語の環境にある人でさえ*1、2つの言語を完璧に操れるようになるのには大きな努力を伴う。勉強をすることで周りの環境を変えた"だけ"で自然にすらすらと英語が出てくるようになるわけではないということがわかったことは大きな収穫だった。それは逆に言うと、留学しなくても、お金がなくても学習は続けていけるし、少しずつだが上達もするということを意味するからだ。そして、語学習得をある程度しっかりやったことがある人というのはそのことがわかっている人が多いから、道半ばの人のことを安易にけなしたり、馬鹿にしたりはせずに、親身に優しく接してくれる人が多い。

語学習得は疲れることもあるけど結構楽しい。

最後に書きたいのは、言語習得は結構たのしいよ、という話。もっと正確に言うなら、楽しんでツールとして使えたときは楽しい。ただの記号でしかなかった英語の文が、コミュニケーションの道具として、英語に感情が乗ったときに何とも言えない充実感があった。言いたいことが言えるようになる楽しみ、新しい文型を使いこなせるようになる楽しみ。知らないことを知る楽しみは確実にあって、それがとても高い壁でいつまでたっても乗り越えられないような気がするのもまた、娯楽としては一級品だと思う。退屈なトレーニングをしているときでさえ、自分の変化が楽しいと思うことも多かったし、今から考えてみても充実した時だったと思う。そういう風に楽しい、と思えることがないと英語を勉強していくのはただの苦行なんじゃないかと思う。

 

それでは皆様、英語習得の長い航海、お互い無事に楽しくまいりましょう。

 

おしまい

 

*1:ちなみにオット氏はいわゆるMixで、父は中央アジアの某国出身でオット氏もその国のパスポートも所持しているが、オット氏はその国の言葉をほとんどしゃべれない